勝手にいわせてもらえば俺ならこうする

治療家ブログの書き方を解説 言いたいこと書いてみる

ブログネタがないときに思うこと

f:id:katousystem:20170806223620j:plain

骨盤屋です

誰しも一度は思ってしまうこと

それがブログのネタがない

 

と悩む。

 

コンサルタントは言う

 

「あなたが書きたいことではなくお客さんが知りたいこと」

それをかけ・・・・

 

いうのは簡単なんだけどこれはこれで一つの弊害を起こす。

 

その弊害とは?

 

「なんかブログに書く内容ほかの人とかぶってない?」

っていいった悩み。

 

すでにありますがな・・・・

 

的な奴ですね。

これが困るわけだよー

なぜなら

 

「あーなんかほかの治療院の内容とかぶってるわー」

 

そして次に思うことがこれ

 

「ほかと同じようなこと書いてるからこれはこれであってるんだろうな」

 

という患者さんの悩みに対しておなじような回答が連なると

「あーそう」

っで終わりっす。

 

俺ならこうする

 

よく考えるのが、みんなが調べているのは書かない

 

書かないのはいいんだけどそれじゃあどうするの?

 

っていうとあえての自己満ブログを書く。

 

自己満ブログはひたすら自己満足を追求する。

 

他社のことなど特に気にしない

 

患者さんは特に違いなどわからないし、それならば違いがわかるぐらい自己満を書く

 

その際の注意点としては初見の人が見ても分かりやすく書くということ。

 

こうするにはわけがある

 

それは「そんなにブログなんて読まれてない」

という自覚をもつ

 

それにちゃんとした記事は、ちゃんとした人に任せておけばいい

 

これぐらい適当にやっていると人が集まってくる。

基本的に自分は整体師の理論を提唱したところでひっくり返されることもあるだろうし、いままで信じてきたやり方も間違っていた・・・

 

なんてこともよくある

 

例えば「糖質制限」なんかもいいという考えもあれば悪いという考え方もある。

自分はくいたいもん食ってますが、体脂肪は今減っているので「これはこれでありなんじゃない?」

ぐらいなもんで

もっと思考を柔軟にさせたほうが楽にさせるほうにシフトする

 

その際のコツは、ニュースネタでもいいし、「お?これは?」

って思うことを出していく

 

いわゆるトレンドの記事について持論を入れるかと。

 

とはいっても業界自体でまじめな人も多いので個人の考えによりますけど、自分ならば興味持っている事書きます

 

 

 

 

 

 

2名様だけブログ構築お手伝いさせていただきます。

骨盤屋です

f:id:katousystem:20170331134954j:plain

新規が結構来るようになりましたのでこの度ブログの作り方などをお伝えさせていただくサービスをやります。

 

こんな方にお勧め

 

ブログの手が止まる

他院さんとの違いがわからないまたは出せない

ご自身の地域でどう戦ったらやりやすいのかわからない。

書く内容がわからない、もしくは手が止まる。

どういう書き方が集まりやすいのか?知りたい

広告費を払っているが見返りが少ない、もっと新規が欲しい。今よりも5名以上

 

なんて人にいいと思うというか過去の自分だね。

新規集客において

 

ブログで集客できるとほぼ金がかかりません。

これは誰でもわかると思います。

 

ブログなんてのは沢山金をかけても集まるわけではない・・・

 

最近の主流

 

だけど今って

 

ホームページに広告費をかけて、集客をしていくのでお金がある人が勝ってしまうという、

そして

お金がなければ勝てない

 

という状態

 

ホームページでも医師の声があって当然!みたいにもなってきている。

 

こんなことって

 

5年前は考えられなかったし、当時なら患者さんの声を上げていけば特に問題なく集客できていたし、だけど今現在はそうじゃないんだろうね。

 

それらがあって当たり前になっている。

 

いかにホームページを作りこむのか?ていう所に目が行きがちなのだけれど

 

これって要は、低価格サービスの争奪戦と一緒

 

結果論

 

広告合戦で疲弊してくるし、何より効率もあんまりよくない

大きいところが勝つ仕組みになっている。

 

って自分は考えてたんだよね。

 

それでは?どうするかなと悩んで

 

去年8月からガチでブログを書き始めたら今年の2月になってようやく月に10名を超える集客をすることができたんだ

 

 

 

どうやってそのプロセスを踏んでいったのか?


というのもこのサービスではお伝えしていくよ。

 

 

 

自分でブログを書いている・・・・

 

自分でブログを書いている人も沢山いるのも知っているけれど、自分の周りの先生方にも聞いたりもしたんだよね

 

何を聞いたのか?

っていうとそれは

 

「誰かに書き方習ったの?」

 

って。

 

そしたら驚いたんだけど、みんな自己流なんだよね。

 

そして

なんとなく気分がいい書き方をしている先生のまねをしているみたいなんだ

 

なんとなく気分がいいっていうのは、使命とか、救いたいとか。

そういった事をかいていて沢山きているよ。って見せてる先生。

 

これも悪くはないし素晴らしい事なんだけど、それじゃああなたの場合もこれで人が集まってくるのか?

っていうと実はそうでもなく。

 

これってなんでかな?って考えると

 

地域性もでるよね、って話でキャラクターもその先生だから言えるっていうか説得力っていうのも違うんだよ。

 

そうなってくるとやっぱり

 

「広告費かけるしかないなー」

 

なんて思うかもしれないけれどちょっと待ってほしい。

 

今一度そうなる前に見せ方を変えるだけでも全然反応がでるかもしれないよ?

 

もし今の状況でまたやってみてもうまくいかない

 

なぜなら

 

成功に偶然はあっても

失敗に偶然はないんだ

 

これは受け売りだけどね。

 

成功は偶然でも起こるんだけど、失敗には偶然なんてないんだってさ。

 

でもその通りだよね?

 

そういった時に自分がお勧めするのは

 

商品のネーミングを変える事。

そして今のターゲットをあきらめて別のターゲットにすること。

今のやり方を捨てていく事。

 

これらが先の未来を変えていくんだ。

 

だけどなかなか思い浮かばないよね?

思いついていたらすぐに結果が出てくるはずなんで。

 

ちなみに自分は

ターゲットをあきらめて別のターゲットに変えてみた。

30代女性から←オタク女子に

商品も変えた

腰痛というキーワードで結果が出なかったんで骨盤矯正と首治療に

今までのやり方も捨てた。

真面目に記事を書いてたんだけどそれやめてふざけてみた。

 

かなり勇気がいる作業だったんだけどおかげでもう頑張らなくてよくなった。

 

なぜならブログでもふざけた事しか書かなくていいし、特に調べて書いているという事もほとんどなくなった。

 

たまに、半月に一遍ほど書くだけ。

人が集まてくるとブログ書くことが楽しくなってくる

 

なん記事かけばいいのか?

よくきく質問なんだけど

これって野球に例えると素振り何回すれば球をうてるようになるのか?

っていうのと同じで

 

ただ単に素振り500回やっても腕が太くなるだけ。

だったら50回を考えながら振ってみる

 

っていう考えをもつといい。

 

ちなみに自分は120記事超えたあたりから変わってきたよ。

 

120回面白い記事やふざけるのが楽しくてしょうがなかった。

 

他との違いが出せない

 

これも悩むよね

どこも似たり寄ったりだしね。そういった事もキャラづくりや見せ方で変わることができるよ

 

f:id:katousystem:20170607202104j:plain

自分はこのキャラにしてからふえてきたよ。

 

でもこうなる必要もなく、考えれば誰でもできる。

 

地域での差をどうやって解消する?

これは検索で調べていくのも一つの手だけれど、フェイスブックでほかの人たちもブログあげているのを一時期ひたすらみていたんだ。

 

友達の数が1500人ぐらいだったんだけど、800人ぐらいはみてかな。

 

そしたらね

 

集まってくるブログ書いてる人は、10にんぐらいしかいなかったんだよね。

残りの790人はみんなとの違いがわからず。

 

読んでると「アーこの情報他の人も書いてたなー」

位になってくる。

 

そして残念な事にまた読みたいとはおもえなかったんだ。

 

この人に会いたいなーって思われるのが最高だと自分はおもうんだけど。

先生はどうすか?

 

自分の場合でいえば

「なにこいつうける」

から患者さんが興味持ってくれたみたいなんだよね。

 

書く手が止まる

 

そうそうネタ探しも尽きるよね。

そんな時って内容が思いつかないからつい、自分の話を日記風にかいちゃったりもする。

 

よくあるのが、

 

「天気がいいですね」

とか

「なんか青い水がでました」

とか

「○○しましょう」

など

後はお役立ち情報もあるんだけど、最終的にブログに今月のお休み予定だけかいてしまってたりも。

 

過去の自分だね・・・・・・全部やってた。

 

勿論

 

患者さんの声を載せるのもいいんだけどそれだけだったらエキテンに書いてもらったほうがいいかもしれないね。

 

以前仙台でも患者さんの声をたくさん載せてあったホームページがあったんだけど今は検索順位がっつり落ちてたし。

 

ちなみに

 

自分の場合は患者さんの声そんなに載せてない。

 

10件もないんじゃないかな、実際、100件はもらってるのだけれど。

 

っていうのは、

それよりも患者さんからきいた悩み事を書いてた。

 

そっちのほうが気になるからね。

 

だけどこれも、書き方が、ちゃんとあるんだよね。

 

 

あーそれと、ブログネタなんかは、誰かと話をして作っていくと面白いのが作れる。

 

よかったらやってみてね。

 

ブログサービスの詳細、料金

さてながなが書いてきたんだけど、一人ではなかなか進まない人もいる。

ちなみに自分もそう。

 

一人でやっていたらとっくにブログなんて無理だった。

 

アイディアをもらって、修正をしてもらい、タイトルで反応をあげたり、キャラを作ったり。

 

文章を添削したり、ごり押ししてみたり潜入取材もしてみたり。

みんな自分で考えていない。

 

考えてくれる人がいて「それやるわ」という判断をしただけ。

 

それで今がある

 

そして自分は塾みたいに大勢で習うのが苦手なんだよね。

 

俺みたいな人もいると思うので、2名だけ今回ブログサービスをしていくよん。

 

料金は5か月間で35万

 

内容は

 

記事も毎日添削するし、

アクセスをあげていくし

ブログもワードプレスがいいなら立ち上げからおしえるし

 

何より頑張らなくてもよくなる

 

この頑張らなくてもよくなるっていうのは、ホームページとは違いブログって記事単体で、上位にあげることができる

 

試しに

多賀城市スマホ首」

っていうキーワードで調べてみるとほぼ2017年7月現在上位の5記事は自分の記事だけで埋め尽くすことができてしまう。

 

そうなると集客にも困らなくなってくる。

 

仮にターゲットを変えるにしてもブログは素早くその瞬間からかえることもできるし、修正も早いんだ。

 

ただ書き続ける事がやはり大事になるし、ここだけ苦手な人はこのサービスは合わない

 

2名だけにしているのは添削するのも記事が多いと辛いのです。笑

 

あーそれでも悩むよね?

なやむよね?

 

そういった人のために、一度お電話でお話させていただくので

Facebookメッセンジャーでもいいですし、

メールならsrhrh213@ybb.ne.jp

もしくは、ラインアッドに登録してもらって

これね

友だち追加 

登録した後にメッセージください。

 

そこからでもいいのでお話させていただきます。

 

それは金とらないから、安心してください。

分割でもいいし、そういったことも話できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事を成立させるために時間を一番使うところはここ

仕事を成立させるためには、

 

「まずやること」

なんてのはよく聞きます

 

ようは「マインド」っていうやつ。

 

しかしやる気はあってもやろうとしても

 

事実全く成約につながらない

 

この場合は新規

その新規の数さえ集まればなんとかなるのに、それが何ともならない

 

実際リピートなんていうのも、後付け。

 

なぜなら新規が来なければリピートが発生しないわけで

 

新規0でどうしようもない

 

なんて事もありうるのが自営。

 

それでは仕事を成立させるために新規を獲得するために時間を使うのはどこ?

 

それは

「なぜ売りたいのか?なぜ売れるといいのか?」

 

に時間をかけるといい

 

売りたいというのは買い手がいて初めて成立する。

 

これはみんなしっているし、ターゲットが・・・・

 

とか

 

絞って・・・・

 

なんていうのは後でもいいこと

 

 

まずは、「なぜこの商品が必要なのか?こだわりはどこ?」

 

というのを紙にでも書いてみるといいよ

というか自分はそれをひたすら考えていてずっとブログを書けなかったし、これもコンセプトに通じるものがあるから時間をかけた。

 

 

そして

 

出てくると一貫して辻褄があってくる。

 

もしそれでも悩むなら

 

「お客も自分も楽しいだろうなぁ」

という視点を持つことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

人を集めたいならスタイルや方向性にこだわりを

骨盤屋です。

スタイルやこだわりをもっていますか?

f:id:katousystem:20170607202116j:plain

 

人が集まらないブログを書く人に多いのがコンセプトがあやふやという人が多い。

 

それじゃあコンセプトって何か?

 

っていうと、来た人が帰りにはどうなっているのか?

を追及していくことだと思ってて

 

自分の場合は、来た人に

 

「マンガ本やアニメで話せる仲間ができて帰りにはもっとスマホを使っていいんだ」

っていうコンセプトを掲げています。

首治療ではあるけれどあんまし関係ない

 

 

 

一見すると治療院や整骨院なんていうところは痛みを治せるところ、と思いがち。

 

例えば

「産後で腰痛のお母さんが帰りには笑顔になる」

 

でもいいのですが、基本的に他がやっていることはまねしない。

っていう風に考えるといいです。

 

そうすると自身の方向性も確立されたものになります。

 

またスタイルも、

「もっともっとこだわりをもつ」

 

 

ありがちなのが、こだわりを技術にだけ注いでる人

 

これだと、コンセプトにある帰るときにはどうなった状態で帰っていくのか?

 

という内容が解決できていない。

 

それが、結果的に人が集まらない要因になっていることもあるのでは?

と感じることが多く

 

どうせ技術にこだわるのならば

この技術で帰るときにはこうなれます。

 

なぜなら

・・・・・

 

というところまでしっかりとコンセプトや、こだわりを追及していく。

 

自身の院に来る人でもブログの内容と実際を確認しに来る人がいる。

 

事実

 

知らないところにいくというよりも、

 

「本当はどうなってるの?」

 

という観点をうまく使えると人って集まってくると思いませんか?

 

こだわりをもつこと

またはこだわりを磨く

 

これって結構重要だなーと思うわけです。

 

セミナー売るかもしれないけどそれでもいいなら、ライン登録してね

友だち追加 

 

 

ブログを書くコツ

骨盤屋です。

f:id:katousystem:20170607202116j:plain

今現在広告費を考えるとブログのほうがいいんじゃないか?

という考えをもって書き始めている人もいますが

 

この中でも結構きくのが

「ブログってどれぐらいの長さがあるといいの?」

ながさとは?

 

これって簡単にいうと、文字数のこと

 

文字数は何文字書けばいいの?

っていうところですね

 

これについては、1000文字しかり1500文字は最低ほしいところ。

そして書けるのなら

 

3000文字ぐらいまでいけるともっといい

 

なぜなら、ある程度ボリュームが必要ですし、内容があるブログとないブログではあるほうがいい

 

しかし次の疑問がでてきます・

 

それが

 

「みんなどうやってそんなに長く書いているの?」

 

ってところですよね

 

書ける人はかけるので書いてくださいね

といえばそれまでですが、実はこれがなかなかできない。

 

中身がなかったりもするし、つまらない

 

中身がない、つまらない

については別で書くとして、

 

長さを書くコツをみんな知らない

 

しかしこうすればだれでも書けるようになるというものがあれば、いいですよね

 

ではどうやったら、長くブログを書くことができるのか?

 

それは

 

少しずつ書くということです。

 

例えば3000文字のブログを書くなら

 

今日は1000文字書いて出さない

 

そして次の日に書いてまた1000文字足していく

 

さらに次の日に1000文字

 

こうすると合計で3000

 

毎日書く必要がないのか?

ということで、毎日書けるならそれはそれでいいのですが、たいてい挫折します。

 

自分も毎日3記事ずつ書いていた時期もありましたがそれで問い合わせが来るのか?
というと

 

そうでもなく、それにこれをきいたら衝撃的かもしれませんが、しっかり書いたブログは、後になってわかるのですが、伸び率が違います。

 

あんまり書けていない内容ってその日だけアクセスがあり、あとは伸びることが小さいですんよね

 

それだったら、1年たっても読まれるブログのほうが全然いい

あっもちろん、毎記事毎記事それができればいいのですが、自身もいまだにそれはできていません

 

だったら強力なブログを月に10本でも作ったほうがよっぽどいいです。

 

そのほうが後々楽ですよ

 

ブログの書き方の情報をお届けしてます

ラインに登録してみてね

友だち追加 

 

 

なぜ同じような記事を書いているのに、あの治療院の記事は検索が上なのか?

これってねー

よくあるある

 

俺も思ったもうなんど思ったかわからないくらい思った

 

ちなみに、一位のサイトよりも中身も濃いんですよ。

文字数も倍ぐらいある

 

書きたい要望もみたしているはず・・・・

 

それでは

 

なんで

 

グーグルさんよー

 

ってなるかもしれない

 

でもそれもちょっとしらべると

判明することも・・・・

 

それがこれ

 

サイトのパワーがあってそれが弱い

 

サイトのパワーにかんしては

ドメインパワーっていうので調べるとわかりやすいかと思います

 

それを調べる方法もあるので、ドメインパワーの調べ方で検索してみるとよくわかる

 

ちなみに

サイトのパワーを上げるためには記事の更新とか必須とか書かれているけれど

 

中にはペナルティを受けていることもあります。

ちなみに自分のサイトのパワーを調べたら

 

 

100のうちです

 

5っていったら、ゴミですよ

ゴミ

 

ライバルをちらっとのぞき見したら20はありました

 

ですので、何が足りないってそういったパワーも必要になるのだなって痛感しました

 

5で良く戦っているなぁと

ちなみに、アメブロや、はてなブログでは正確な数字ってあんまりわかんないとおもいます

 

なぜなら

 

借りてるサイトなので、たしかにはてなブログは早い

 

おい?ってぐらい早いんだよ

 

だけど、実際サイトにパワーがあんのか?

 

やれんのか?

って聞いたら

 

「わかりません」

としか返ってこない

 

ちなみに5と言われたサイトだって半年間毎日更新してるんだよ

それでも5

 

どう頑張っても5

 

これって切ない

 

しかしこれだけは言える

人が集まるブログになれば5でもいける

 

これだけは言えるんだ

 

f:id:katousystem:20170331134954j:plain

3名ぐらい募集

 

ブログの書き方

ラインに登録してみて、金くれ、やることやるから

友だち追加 

 

 

リピート率95パーセント越えで地域ナンバー1の治療っす。・・・もうちょい謙虚にいこうぜ

それって、二番せんじっすよ?

 

お茶は二番煎じがうまいとかもいうけれど

 

なのでどうせやるなら

 

地域で三番ぐらいのところには、いると思う治療院

 

これでいってみよう

 

これいいよ、うん

 

めっちゃ本来の謙虚な位置に入れるじゃないですか?

 

俺もそんなんだもん

 

別に一番じゃなくてもいいんだよ

 

一番はなんでもいいとかいうけれど、一番はエキテンで500人ぐらい声のってるでしょう?

明らかに

 

それと比べられないじゃない

というかガチでくらべたら凹むって

 

人数もそうだし、もうあれだよ

 

毎日スロットの子役カウンターでももってその売れてる治療院の前に行ってごらん

 

きょうは「ぶどうがよく落ちるなー」

とかいってる場合じゃなくなるから

 

図ってると

 

「ああまたきた」

 

「そんでまた?」

 

「まじかよ、あれうちの患者さんやん」

 

とか

 

 

同業の店の前でチラシ作って配るか?

とかまじで考えたことあったけれど

 

そういう、悪い事は良く浮かぶんだけれどね

 

それやっても来ればまだ救われるんだけれど

 

「いや特にいらないっす」とか言われるとガラスのハートは傷つく

 

おれんじゃん

心って

 

もうぽっきりだよね

 

うわーってなるじゃん

 

リピート率で勝負しない

地域ナンバー3ぐらいでちょうどいい

 

そろそろ謙虚な姿勢が実を結ぶかもしれません

 

まぁどうせやるなら、オンリーワンワンでいきましょう

 

オンリーワンワンのコツっすか?

 

それは非常識をぶっこんでいきましょう

 

非常識は追ってこれないっすよー

めっちゃ楽

 

f:id:katousystem:20170607202116j:plain

ブログ3名ぐらい募集

ライン登録でごー

どうぞお金くんなましー

 

友だち追加