ブログの書きなぐり、軸があるブログの作り方

治療家ブログの書き方を解説 

2名様だけブログ構築お手伝いさせていただきます。

骨盤屋です

f:id:katousystem:20170331134954j:plain

新規が結構来るようになりましたのでこの度ブログの作り方などをお伝えさせていただくサービスをやります。

 

こんな方にお勧め

 

ブログの手が止まる

他院さんとの違いがわからないまたは出せない

ご自身の地域でどう戦ったらやりやすいのかわからない。

書く内容がわからない、もしくは手が止まる。

どういう書き方が集まりやすいのか?知りたい

広告費を払っているが見返りが少ない、もっと新規が欲しい。今よりも5名以上

 

なんて人にいいと思うというか過去の自分だね。

新規集客において

 

ブログで集客できるとほぼ金がかかりません。

これは誰でもわかると思います。

 

ブログなんてのは沢山金をかけても集まるわけではない・・・

 

最近の主流

 

だけど今って

 

ホームページに広告費をかけて、集客をしていくのでお金がある人が勝ってしまうという、

そして

お金がなければ勝てない

 

という状態

 

ホームページでも医師の声があって当然!みたいにもなってきている。

 

こんなことって

 

5年前は考えられなかったし、当時なら患者さんの声を上げていけば特に問題なく集客できていたし、だけど今現在はそうじゃないんだろうね。

 

それらがあって当たり前になっている。

 

いかにホームページを作りこむのか?ていう所に目が行きがちなのだけれど

 

これって要は、低価格サービスの争奪戦と一緒

 

結果論

 

広告合戦で疲弊してくるし、何より効率もあんまりよくない

大きいところが勝つ仕組みになっている。

 

って自分は考えてたんだよね。

 

それでは?どうするかなと悩んで

 

去年8月からガチでブログを書き始めたら今年の2月になってようやく月に10名を超える集客をすることができたんだ

 

 

 

どうやってそのプロセスを踏んでいったのか?


というのもこのサービスではお伝えしていくよ。

 

 

 

自分でブログを書いている・・・・

 

自分でブログを書いている人も沢山いるのも知っているけれど、自分の周りの先生方にも聞いたりもしたんだよね

 

何を聞いたのか?

っていうとそれは

 

「誰かに書き方習ったの?」

 

って。

 

そしたら驚いたんだけど、みんな自己流なんだよね。

 

そして

なんとなく気分がいい書き方をしている先生のまねをしているみたいなんだ

 

なんとなく気分がいいっていうのは、使命とか、救いたいとか。

そういった事をかいていて沢山きているよ。って見せてる先生。

 

これも悪くはないし素晴らしい事なんだけど、それじゃああなたの場合もこれで人が集まってくるのか?

っていうと実はそうでもなく。

 

これってなんでかな?って考えると

 

地域性もでるよね、って話でキャラクターもその先生だから言えるっていうか説得力っていうのも違うんだよ。

 

そうなってくるとやっぱり

 

「広告費かけるしかないなー」

 

なんて思うかもしれないけれどちょっと待ってほしい。

 

今一度そうなる前に見せ方を変えるだけでも全然反応がでるかもしれないよ?

 

もし今の状況でまたやってみてもうまくいかない

 

なぜなら

 

成功に偶然はあっても

失敗に偶然はないんだ

 

これは受け売りだけどね。

 

成功は偶然でも起こるんだけど、失敗には偶然なんてないんだってさ。

 

でもその通りだよね?

 

そういった時に自分がお勧めするのは

 

商品のネーミングを変える事。

そして今のターゲットをあきらめて別のターゲットにすること。

今のやり方を捨てていく事。

 

これらが先の未来を変えていくんだ。

 

だけどなかなか思い浮かばないよね?

思いついていたらすぐに結果が出てくるはずなんで。

 

ちなみに自分は

ターゲットをあきらめて別のターゲットに変えてみた。

30代女性から←オタク女子に

商品も変えた

腰痛というキーワードで結果が出なかったんで骨盤矯正と首治療に

今までのやり方も捨てた。

真面目に記事を書いてたんだけどそれやめてふざけてみた。

 

かなり勇気がいる作業だったんだけどおかげでもう頑張らなくてよくなった。

 

なぜならブログでもふざけた事しか書かなくていいし、特に調べて書いているという事もほとんどなくなった。

 

たまに、半月に一遍ほど書くだけ。

人が集まてくるとブログ書くことが楽しくなってくる

 

なん記事かけばいいのか?

よくきく質問なんだけど

これって野球に例えると素振り何回すれば球をうてるようになるのか?

っていうのと同じで

 

ただ単に素振り500回やっても腕が太くなるだけ。

だったら50回を考えながら振ってみる

 

っていう考えをもつといい。

 

ちなみに自分は120記事超えたあたりから変わってきたよ。

 

120回面白い記事やふざけるのが楽しくてしょうがなかった。

 

他との違いが出せない

 

これも悩むよね

どこも似たり寄ったりだしね。そういった事もキャラづくりや見せ方で変わることができるよ

 

f:id:katousystem:20170607202104j:plain

自分はこのキャラにしてからふえてきたよ。

 

でもこうなる必要もなく、考えれば誰でもできる。

 

地域での差をどうやって解消する?

これは検索で調べていくのも一つの手だけれど、フェイスブックでほかの人たちもブログあげているのを一時期ひたすらみていたんだ。

 

友達の数が1500人ぐらいだったんだけど、800人ぐらいはみてかな。

 

そしたらね

 

集まってくるブログ書いてる人は、10にんぐらいしかいなかったんだよね。

残りの790人はみんなとの違いがわからず。

 

読んでると「アーこの情報他の人も書いてたなー」

位になってくる。

 

そして残念な事にまた読みたいとはおもえなかったんだ。

 

この人に会いたいなーって思われるのが最高だと自分はおもうんだけど。

先生はどうすか?

 

自分の場合でいえば

「なにこいつうける」

から患者さんが興味持ってくれたみたいなんだよね。

 

書く手が止まる

 

そうそうネタ探しも尽きるよね。

そんな時って内容が思いつかないからつい、自分の話を日記風にかいちゃったりもする。

 

よくあるのが、

 

「天気がいいですね」

とか

「なんか青い水がでました」

とか

「○○しましょう」

など

後はお役立ち情報もあるんだけど、最終的にブログに今月のお休み予定だけかいてしまってたりも。

 

過去の自分だね・・・・・・全部やってた。

 

勿論

 

患者さんの声を載せるのもいいんだけどそれだけだったらエキテンに書いてもらったほうがいいかもしれないね。

 

以前仙台でも患者さんの声をたくさん載せてあったホームページがあったんだけど今は検索順位がっつり落ちてたし。

 

ちなみに

 

自分の場合は患者さんの声そんなに載せてない。

 

10件もないんじゃないかな、実際、100件はもらってるのだけれど。

 

っていうのは、

それよりも患者さんからきいた悩み事を書いてた。

 

そっちのほうが気になるからね。

 

だけどこれも、書き方が、ちゃんとあるんだよね。

 

 

あーそれと、ブログネタなんかは、誰かと話をして作っていくと面白いのが作れる。

 

よかったらやってみてね。

 

ブログサービスの詳細、料金

さてながなが書いてきたんだけど、一人ではなかなか進まない人もいる。

ちなみに自分もそう。

 

一人でやっていたらとっくにブログなんて無理だった。

 

アイディアをもらって、修正をしてもらい、タイトルで反応をあげたり、キャラを作ったり。

 

文章を添削したり、ごり押ししてみたり潜入取材もしてみたり。

みんな自分で考えていない。

 

考えてくれる人がいて「それやるわ」という判断をしただけ。

 

それで今がある

 

そして自分は塾みたいに大勢で習うのが苦手なんだよね。

 

俺みたいな人もいると思うので、2名だけ今回ブログサービスをしていくよん。

 

料金は5か月間で35万

 

内容は

 

記事も毎日添削するし、

アクセスをあげていくし

ブログもワードプレスがいいなら立ち上げからおしえるし

 

何より頑張らなくてもよくなる

 

この頑張らなくてもよくなるっていうのは、ホームページとは違いブログって記事単体で、上位にあげることができる

 

試しに

多賀城市スマホ首」

っていうキーワードで調べてみるとほぼ2017年7月現在上位の5記事は自分の記事だけで埋め尽くすことができてしまう。

 

そうなると集客にも困らなくなってくる。

 

仮にターゲットを変えるにしてもブログは素早くその瞬間からかえることもできるし、修正も早いんだ。

 

ただ書き続ける事がやはり大事になるし、ここだけ苦手な人はこのサービスは合わない

 

2名だけにしているのは添削するのも記事が多いと辛いのです。笑

 

あーそれでも悩むよね?

なやむよね?

 

そういった人のために、一度お電話でお話させていただくので

Facebookメッセンジャーでもいいですし、

メールならsrhrh213@ybb.ne.jp

もしくは、ラインアッドに登録してもらって

これね

友だち追加 

登録した後にメッセージください。

 

そこからでもいいのでお話させていただきます。

 

それは金とらないから、安心してください。

分割でもいいし、そういったことも話できる。