ブログの書きなぐり、軸があるブログの作り方

治療家ブログの書き方を解説 

人を集めたいならスタイルや方向性にこだわりを

骨盤屋です。

スタイルやこだわりをもっていますか?

f:id:katousystem:20170607202116j:plain

 

人が集まらないブログを書く人に多いのがコンセプトがあやふやという人が多い。

 

それじゃあコンセプトって何か?

 

っていうと、来た人が帰りにはどうなっているのか?

を追及していくことだと思ってて

 

自分の場合は、来た人に

 

「マンガ本やアニメで話せる仲間ができて帰りにはもっとスマホを使っていいんだ」

っていうコンセプトを掲げています。

首治療ではあるけれどあんまし関係ない

 

 

 

一見すると治療院や整骨院なんていうところは痛みを治せるところ、と思いがち。

 

例えば

「産後で腰痛のお母さんが帰りには笑顔になる」

 

でもいいのですが、基本的に他がやっていることはまねしない。

っていう風に考えるといいです。

 

そうすると自身の方向性も確立されたものになります。

 

またスタイルも、

「もっともっとこだわりをもつ」

 

 

ありがちなのが、こだわりを技術にだけ注いでる人

 

これだと、コンセプトにある帰るときにはどうなった状態で帰っていくのか?

 

という内容が解決できていない。

 

それが、結果的に人が集まらない要因になっていることもあるのでは?

と感じることが多く

 

どうせ技術にこだわるのならば

この技術で帰るときにはこうなれます。

 

なぜなら

・・・・・

 

というところまでしっかりとコンセプトや、こだわりを追及していく。

 

自身の院に来る人でもブログの内容と実際を確認しに来る人がいる。

 

事実

 

知らないところにいくというよりも、

 

「本当はどうなってるの?」

 

という観点をうまく使えると人って集まってくると思いませんか?

 

こだわりをもつこと

またはこだわりを磨く

 

これって結構重要だなーと思うわけです。

 

セミナー売るかもしれないけどそれでもいいなら、ライン登録してね

友だち追加