ブログの書きなぐり、軸があるブログの作り方

治療家ブログの書き方を解説 

ブログを書くコツ

骨盤屋です。

f:id:katousystem:20170607202116j:plain

今現在広告費を考えるとブログのほうがいいんじゃないか?

という考えをもって書き始めている人もいますが

 

この中でも結構きくのが

「ブログってどれぐらいの長さがあるといいの?」

ながさとは?

 

これって簡単にいうと、文字数のこと

 

文字数は何文字書けばいいの?

っていうところですね

 

これについては、1000文字しかり1500文字は最低ほしいところ。

そして書けるのなら

 

3000文字ぐらいまでいけるともっといい

 

なぜなら、ある程度ボリュームが必要ですし、内容があるブログとないブログではあるほうがいい

 

しかし次の疑問がでてきます・

 

それが

 

「みんなどうやってそんなに長く書いているの?」

 

ってところですよね

 

書ける人はかけるので書いてくださいね

といえばそれまでですが、実はこれがなかなかできない。

 

中身がなかったりもするし、つまらない

 

中身がない、つまらない

については別で書くとして、

 

長さを書くコツをみんな知らない

 

しかしこうすればだれでも書けるようになるというものがあれば、いいですよね

 

ではどうやったら、長くブログを書くことができるのか?

 

それは

 

少しずつ書くということです。

 

例えば3000文字のブログを書くなら

 

今日は1000文字書いて出さない

 

そして次の日に書いてまた1000文字足していく

 

さらに次の日に1000文字

 

こうすると合計で3000

 

毎日書く必要がないのか?

ということで、毎日書けるならそれはそれでいいのですが、たいてい挫折します。

 

自分も毎日3記事ずつ書いていた時期もありましたがそれで問い合わせが来るのか?
というと

 

そうでもなく、それにこれをきいたら衝撃的かもしれませんが、しっかり書いたブログは、後になってわかるのですが、伸び率が違います。

 

あんまり書けていない内容ってその日だけアクセスがあり、あとは伸びることが小さいですんよね

 

それだったら、1年たっても読まれるブログのほうが全然いい

あっもちろん、毎記事毎記事それができればいいのですが、自身もいまだにそれはできていません

 

だったら強力なブログを月に10本でも作ったほうがよっぽどいいです。

 

そのほうが後々楽ですよ

 

ブログの書き方の情報をお届けしてます

ラインに登録してみてね

友だち追加