読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログの書きなぐり、軸があるブログの作り方

治療家ブログの書き方を解説 

なぜあの人は儲かっているのか?売れてる人がもっている3つの共通点

f:id:katousystem:20170331134954j:plain

骨盤屋です

 

売れてしまう人と売れてくれない人ではどのような違いがあるのか?

 

自分的視点で言わせてもらいます。

 

誰だってお金が入ってくれば笑いがとまらないですし、お金があれば苦労しない事も多々あります

 

かたやお金がない人とはどのような違いがあるのでしょうか?

じつは見ているとすぐにわかります。

 

もし今現在あなたが売れていないのでしたら

 

これがわかるとあなたもきっと売れます。

 

それでは、違いはなんなのでしょうか?

 

それは

 

 

売れていない人ってスキがない

 

すきっていうのは入り込ませてくれる余裕みたいなもんです。

このスキがないと

とりあえず一度聞いてみようとならない。

 

聞いてみようとならなければ相談すらもされない

 

たとえそれが無料だとしても

人はなかなか来てくれない

 

そして何度も書いたりしてますが

 

もう一個ある

 

売れてしまう人の共通点と言ってもいい

 

それは

 

だれかに見つけてもらおうとしている

 

たぶんね、運がないっていうのも一つある

 

だけどめぼしい人になかなかみてもらえない

 

しかし見つけてもらえたりすればあっという間に売れていく人も沢山います

 

3つ目は

商品を作り替える発想を持っている

 

これが強い

 

つまり売れていない人と売れている人の商品はほぼ同じです。

 

商品やネーミングに差がない

 

それではどこで区切っているのか?というと

 

商品の名前を変えたりうれやすい市場を知っているという事です

 

売れてる人は砂漠を探して水を売っている

 

逆に売れていない人は、日本で水を売っている

 

どちらも売れない事はないけれど、同じ人数がいた場合

場所が変わるだけで売れる人もたくさんいる

 

売る相手を変えるだけでも売れるし

売れる場所を変えるのも売れる

 

そういった発想

 

発想がないと売れない

 

儲かることはない

 

と断言できる

 

何故ならここ6年間そんな感じでこの業界回ってるからね