読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログの書きなぐり、軸があるブログの作り方

治療家ブログの書き方を解説 

なぜ、流行らないのか?

「知られていない」という一言

で片づけるには、なんだかな?

と思うので、知られていても流行らない原因を作ってみます。

 

自分の経験上です

 

1、他との違いがわからない

腰が痛くなくなる、肩が痛くなくなる

そして

 

他との違いが判らない・・・・

こうなると差別化しないとなかなか戦えない

 

2、自分がいいと思っているだけであいては、いいと思っていない

ひとって、知ってるものしか買わない

 

ですので、10人いて6人知っていれば買う位の間隔を持っておいたほうがいい

じゃないとわからないから行かないという選択肢になる

 

これは知っているんだけど、行かないって感じです

 

知っている=わかっているではない

 

知っていてもわからないものは行かない

 

「あそこにあんな店があるのはしってる、でもわからないからいかない」

って感じ

3、入りずらい

何をもって入りずらいのか?

 

これは、一個一個検証していくしかない。

治療院?整骨院接骨院?違いがわかってもいかないものはいかない

 

行く理由がないかもしれないし、いくにしても情報がない

そしてたとえ情報がわかってもなんか惹かれない

 

そう、惹かれるものがないからいかない

 

どうしたら、相手にとって魅力的に映るのか?

相手から「お願い」っていわれるのか?

 

ネーミング?

キャッチ?

人?

場所?

時間?

金?

どれかをあげていかないといけない

 

そのなかでも「人」という事を僕は見せようとして

 

僕のばあいは緩い人間で自然体で「いいね」っていう人に来てもらいたいのでそういう風に自分出してる。

 

 

 

4、それでもやっぱりブログを進める

ブログを書いてから

 

魅力てきにみえているのか?

 

は知らないけれど

 

ちょいちょい緩くてオタクな患者さんが増えてきました

 

遅刻はするし、時間もルーズ

それでも通う事は通ってくる

おくれてきても特に怒らない。

 

結果的に自分の中でのターゲットと軸が決まると楽なんですよね

 

流行るか?どうかは

 

知られているもの×非常識を掛け合わせること

 

知られているものは分母が大きいほどいいんですよ