ブログの書きなぐり、軸があるブログの作り方

治療家ブログの書き方を解説 

酸素を吸うのに頑張るのか?

頑張っていこう、ってのは自分のなかでは酸素を吸う事と一緒です。

 

酸素って頑張らないと吸えないもんでもないですし、日常的に当たり前に行われている

 

では頑張っている状態だとどうなるのか?

 

酸素をたくさん吸い込んでいくのでがんばって頑張ってみると

今度は過呼吸になる。

 

ここで二酸化炭素が吸える状況ならばまだいいのですが

 

それができないとそのまま過呼吸になる

 

ミスターフルスイングの作者が書いた漫画があるのですが

これがわかりやすいかもしれない

www.jijich.org 引用 させていただきました

 

頑張り続ける人ってこの状況になかなか気づかない

 

そして自分が頑張る事で結果が出せる人物なのか?

そではないのか?

 

なかなか判断できないからつらい

 

そして

頑張る基準っていうのは人によって違う

 

教えてくれる人がいたとします

 

その人があなたに頑張れという

 

あなたは頑張るわけです

 

教えてくれる人も勿論ご自身のフィールドでがんばる。

 

でもここに頑張るのフェイクが入るってさいきんわかった

 

フェイクていうのは、単純にいいますと

 

頑張るバロメーターが違う

 

教えてくれる人の頑張るっていうのは、100パーセントではない

 

多分30パーセント。

 

だけどあなたの中で頑張るっていうのは100パーセントを超える

 

当然ながら、教えてくれる人は、それぐらいでも全然結果がでてしまう。

しかしあなたは100パーセント出してもそこまでいけるのか?すらわからない

 

仮に同じ領域に行けたとする

 

今度はまたさらに頑張ろうといわれる

 

教えてくれる人は60パーセント

まだ余力が残っている

 

しかしあなたは先に100パーセント超えてもさらに頑張らないといけない

 

それでもいければいいのですが、うまくできないと

頑張りがたりないって思って体を壊してもやってしまう

 

別のやり方ができれば、10パーセントの頑張りで行けたかもしれない

 

これは間違っているやり方で頑張っている人に早く気付いてほしいです

 

 

 

 

こういう人以外は頑張らないほうがいい、無駄に頑張って損しない方法

頑張ってもうまくいく人

 

もしくは

コンサルやセミナーでもすぐにできる人できない人がいます

 

だけどなかにはちょっと話を聞いただけでもできてしまい、そのままそれだけで売り上げや生活が豊かになる人がいます

 

この違いってどこにあるのか?

俺がうまく言った方法を書きます

 

その方法とはこれです

jwda.org

 

このダイナミクスでというので自分を知るというやり方です

これは自分の特性をしることができて、さらに生かし方が8つのパターンもあってそれに従って生きると楽にいきえれます

 

そのなかでも俺が50人ぐらいみてきて分かったことを書きます。

 

頑張ってもできる人の特徴は実はない

 

ないというと語弊がありますね

正確には自分の戦えるフィールドで行うって言ったほうがいいかもしれない

 

ちなみに自分はロードというところになります。

 

ロード – ウェルスダイナミクス|一般社団法人 日本適性力学協会公式サイト

引用ウェルダイナミクス

 

特徴としては、チャンスを逃しやすい

 

そして自分で商品をつくらないこと

だれか先駆者をぱろっていく。

 

僕は自分で発案するのが苦手です

アイディアも出てこない

ですので

誰か先にやっている人がいたら、ほかの系統にの人に相談します。

 

しっていることしか、できないんですよ

でもこれを発案したり、考えようとすると頑張るので自分は死ぬ・・・だから自分で考えない

だれかのパクリをやり続けていくのが楽なんです

 

もうめっちゃ楽

 

 

 

ですが、分析は得意なので、人のやっていることが何をやっているのかわかるのです。

分かるものは再現できる、

 

さらにあきない

 

決めたらひたすらそれだけをやっていられるわけです

 

だからブログでって決めたら、半年間毎日2記事から3記事をいれることができるわけです

 

 

ただこれにも弱点があり

 

頑張っても無駄なことをやり続けてしまうのが今までの自分でした

 

ようするに頑張ることでなんとかなんじゃないの?って根性論で生きている

 

しかし最近プロデューサーがついてからは、毎日更新しなくてもよくなり、頑張ることもしなくなりました。

 

ちなみにプロデューサーはメカニックという左上にいるのでアイディアがもらえるわけです。

ぼくともかぶりますし、お互いに感情が冷めているのであたたかい言葉などなくとも別にいいのです

ただ笑いのツボが一緒なのでそこでやりたい分野が被るから相性がいい。

なので自分らの共通言語は

基本これやったらおもしろいよね?ぐらいです。

 

メカニック | ウェルスダイナミクス図書館

 

 

 

それはなぜか?というと軸を持っているからです。

 

 

軸を持ったらそこだけを掘り続ける

 

これだけでよかったんです。

 

そもそも僕の系統は

 

表舞台にはあまり出てこないほうがいい

 

陰の立役者です

 

これが表に出てしまうのは最後

ですのでブログなんかでも、そうですけど教えてあげて、そのひとが輝くようにする

の分野で行うべきことが本来向いてるし、

 

治療でも俺すごいっていうのを出さないほうがうまくいってしまうわけです。

 

俺すごいっていうのが向いてるのは本来は僕とは真逆のスターの系統。

 

そしてアイディアがほしいなら、ダイナモだといい。

 

ダイナモは冒頭でかきました

 

少しの話を聞いただけで発想がでてくるので、行動に移して成功しやすいんです。

 

これを僕がまねてもまず無理

ぼくは一から聞いていってなぜこうなっているのか?

理解できないと前に進めないし、アイディアがしょぼいんです。

 

そして右側の系統の人は

実は

人とのつながりを求めているので、地域のお店周りをしたりしたほうがうまくいくんです

チラシもおかせてねとか

カラオケ大会なんかもやったりして

講演会をやってみたり

なんてプレスリリースしちゃったほうがいい

 

むいてるから苦にならない

 

一番下のリズムが一番の悩みどころ

 

リズムは自分の中で失敗を恐れる傾向にあるし、または確実なものを求めに行きます

 

セミナージプシーなんかもこのパターンが多い

 

これが勘違い

 

影響力を良くも悪くもうけやすい 

一度信じたら尽くしてしまうとも言えます

 

そしてルーズな奴が嫌いと言いながら、自分が失敗したり遅刻したりすると、罪悪感を感じている

 

日本人にはおおいタイプと言われる

 

リズムは頑張ると本当にだめ

 

得意分野を見つけたらそれをやるだけでいい

 

そうすれば、無駄に頑張らなくてもかってにうまくいきます

 

あなたはどのタイプですか?

 

ライン@に登録してくれるとブログのセミナーなどの割引特典がございます。

もちろん、ラインにメッセージくれれば、今のダイナミクスでの僕なりに分析した生かし方もこたえちゃうよ

僕の得意分野なんで

 

この機会に勝手に売り上げがあがってしまう自分の軸ブログをつくりませんか?

登録お待ちしてます

友だち追加 

なんで、できもしないのに頑張るの?頑張っても成果が出ないと今度は、かまってちゃんになる

何かというと「頑張る」という人がいる

 

こういう人って頑張らないと人から認めてもらえないって勘違いしていて

そしてそれに美学を感じている

 

だけど本人は気づいていない

 

 

こういった人には特徴があります

 

 

それは

 

頑張らないと自分は必要とされていないって勘違いしている

 

頑張っているアピールしている

 

じぶんでは頑張っているつもりがないけれどなんだか苦しい

 

あとは・・・・

 

他人の目ばかり気にしている

 

そんな人で沢山あふれています

 

それでは

 

頑張らないと必要とされないっていうけれど

本当はどうなの?

 

実際は

 

そんなことはまったくなく

実は頑張らなくても大丈夫

 

そんな中でも

 

特にあれですよ

 

やります宣言やっちゃうでしょ?

 

これいつも見ててあーあってなる

 

○○やります

 

すごい治療みつけましたー明日からすぐやります

 

チラシ配り○○枚やります

 

・・・・やらないって

 

それにいったらやるってできる?

 

 

 

そしてあなたもこう考えませんか?

 

一緒に来ていた人も○○やりますっていってやってねーから

自分も別にいいや

 

とか

 

もしくは、一緒に来ていた先生がすげー行動力もっていても

私には無理かも・・・

f:id:katousystem:20170331134954j:plain

 

だけどだけどね

SNS投稿だけは必死にやる、自分アピール

 

この領域になると今度はかまってちゃん発動します

 

ぼくにかまってー

誰か教えてー

自分のこと理解してー

楽しいことってなんだろう?

人生って何?

何をいったら興味をもってくれるのか?

なんて考え始めている

 

 

これかなりきつい、まわりも最初は相手にしてくれるけれど、なんだかめんどくさいなーってなる

 

 

 

この現象が起きるのは

 

あなたがすでに頑張っているから

がんばっていても結果が出ないから

そして

 

それでも頑張れがんばれと応援されてしまうから

 

自分で全部作り出している

 

これってどうすればいいのか?

 

って悩む人がいるんですけど

 

答えはめっちゃ簡単

 

それは

 

やります宣言をやめること

 

辞める勇気をもつことです

 

えーそんなことしたらだめだよ?

 

なんて人もいますが

 

辞めたら今よりも収入あがったり

幸せ感じるよっていったらどうする?

 

全部勘違いだよ

 

最後に特大なこと言いますと

 

今あなたがうらやましいって思う人っていますでしょ?

 

それね、あれだよ?

運がよかっただけだから

 

たまたまその方法でうまくいっただけ

 

もしかしたらあなたの場合は運がめぐってくるのは頑張らないほうがめぐって来るかもしれないよ?

 

よくチャンスだよなんて言いますけど

それチャンスなだけで、うまくいくとはだれも言ってないから

気おつけてね

 

 

ライン@に登録してくれるとブログのセミナーなどの割引特典がございます。

 

この機会に勝手に売り上げがあがってしまう自分の軸ブログをつくりませんか?

登録お待ちしてます

友だち追加 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面白いブログで人に喜ばれて売れる方法

f:id:katousystem:20170331135153j:plain

骨盤屋です

 

面白いブログや投稿ってのは、本当に人の気を引く

 

そこで今回は面白い記事の特徴をあげてみます

 

1、ためになったという記事

 

これは紛れもなく「いい情報がきけた」

っていうのが前提

ためになる記事を書くためには、わかりやすいのとなるべく簡単な言葉を使う事を意識させていく

 

でもこれだけでは、人はつまらないし、そのうち飽きてしまう

 

実はちょっとしたスパイスをいれてくとこれがすごいブログや投稿になる

 

その方法とは?

 

 

少しだけ小難しい事をいれること、そして理解しにくい言葉を使う事

 

例えば

「頭蓋骨の矯正を行う際に、リズムがあるのは言ってる人もいると思うけれど、そのリズムにはミッドとロングの二つがある」

 

頭蓋骨にリズムがあるのはなんとなくわかるけれど

ミッドとロングの二つ

 

この文章キーポイントはここになる

 

二つをしっている人からすれば、そんなことかよ?

って思うかもしれないけれど

知らない人からすれば

「それってなに?」

っていう疑問が出てくる

 

知ってる話と、しらない話を掛け合わせることで人は興味を引く

 

だけど大抵はここで、知らない話を前提にしっているものと思って記事をかいてしまう

そうなると、途端に記事がつまらなくなる

 

だから

これらを解消するためには

 

○○の話はわかっている

という相手がこれは知っているよねっていう尺度が重要になる

 

ここをすっ飛ばすと、なかなか面白い記事がかけない

 

だから記事を書くときは

わかりやすく、知っているものを掛け合わせで使っていく事が解決するカギになる

 

イチゴとか

洗面器とか

洗濯する

なんて誰でもわかるよ

 

っていう所と頭蓋骨の説明をしていける記事や投稿ができると

わかりやすくて、もっと知りたい

そして面白い記事になってしまう

 

まとめると

 

知っているもの×ちょっとした成長ができる内容×教えたい事や伝えたいこと

 

これらをかけあわせると

楽しいって思われる記事がかけるようになります

 

治療の話ってほとんど面白くない

 

だからすぐに実績にはしりがちなんですけど

 

そうしなくても、読まれる方法なんてのはいくらでもあります

 

次回も面白い記事シリーズでかいていくね

 

 

ライン@に登録してくれるとブログのセミナーなどの割引特典がございます。

 

この機会に勝手に売り上げがあがってしまう自分の軸ブログをつくりませんか?

登録お待ちしてます

友だち追加 

f:id:katousystem:20170331134954j:plain

 

 

 

売れてしまうためには課題もいらないし、頑張る必要もない

f:id:katousystem:20170329135454j:plain

最近頑張る系の投稿をみると反応しないようにしてます

 

これ系の記事見ると頑張りたくて仕方がないんだよね。

だからみない、やらない、のらない

 

そこにのっちゃうと、「あー○○先生も頑張っているから自分も・・・・」

 

ってなるんですけど、それやってもそこまで自分は行くはずもなく、

比べてる地点で精神がすり減らしていかねばなりません。

 

これが非常に

効率が悪い

 

売れるためには課題をやって頑張んないといけないのか?

という事自体

自分の中では=ではなくて

 

むしろ、そういう必死な自分を応援してくれ

っていうやりかたを

あと何年続けていくのか?ってなると

いささか疑問なのです

 

トーリーがないから勝てないのか?
勝てるのか?

というフィールドにいればそれは勝てない

 

これはわかる

 

しかし、そもそも同じ土俵にいなければ別に関係ないんじゃない?

 

ってずっと考えていて

そうなると、SEOだのアクセスがなんてのも気にしなくなり

 

結果的に残ったのは

 

「おもしろいことだけ」

 

っていう単純な答えが出てくるわけです

 

課題を作る必要もないっていうのは、

 

同じフィールドにいてそこじゃないければならないっていうのなら

課題作って頑張ればいい

 

だけど、

 

一緒の試験受けているわけでもないので、そう考えると

「別に同じところでやる必要なくない?」

 

ってなってきたんです。

 

治療の話が好きな患者さんを集めたいわけでもないので、治療の話もほとんど書きませんし、

 

書かないと人があつまらないよ?って決めたのは結局だれに言われたんでしょうか?

 

そういった事も自分は見つめなおしていくと

 

「治療の話書いたから集客出来ました」

なんてことは全くなく

 

むしろ自分ワールド満載の非常識にいるほうがうまくいってしまってんですよね

 

これって事実でしかなくて

小難しい事を書かなければ書かないほど人が寄ってくるんですよ

これがまじで

不思議でなりません

 

僕自身

 

今は浮いてる人ですが、来年、再来年には周りもこういったスタンスが、スタンダードになってくんじゃないか?

って勝手に期待してます。

 

 

ライン@に登録してくれるとブログのセミナーなどの割引特典がございます。

 

この機会に勝手に売り上げがあがってしまう自分の軸ブログをつくりませんか?

登録お待ちしてます

友だち追加 

 

 

ご相談くださいは、ご相談されないと・・・最近分かった

よく書いてしまう、ご相談ください

というフレーズ

 

ついつい使ってしまうフレーズではある。

 

自分も「書くことがないぁ」って時によく使っていたんですけど

 

しかし、実際ご相談くださいって書いてある場合、相談されてそれだけで終わってしまう

 

ご相談だけですからね

 

そりゃそうなわけで

 

それじゃなんて書けばいいのか?

 

どうかいたら問い合わせにつながるのか?

 

という事に関して自分の見解を書きますと、

「これは電話してお金払って解決してもらうしかない」

 

って思わせる文章がかけることです。

 

こういった文章が作れれば、こちらからわちゃわちゃ言わなくても院に足を運ぶ人が増えてきます。

 

ですが・・・・これがなかなか難しい

 

なぜなら、これを馬鹿正直にかいても問い合わせにはつながらないからです。

 

よくオファーが重要っていいますけど

 

それじゃこのオファーを断れないように設定しても問い合わせにはつながらない

 

そしてそして

仮につながったとしても今度はこちらからのアプローチで腕が必要になるわけです

 

正直いいますと

 

「俺はこれがめんどい」

 

「めんどいから、あまりやりたくない。」

でも

やらなくても来てくれる、人が最初からいれば問題ないと考えたんですよ

 

 

その結果

 

来た人は最初から通う前提で来てくれるので今ではほっておいてます。

 

 

 

ご相談くださいばかりを書いてるとご相談しかされないってのは、覚えておいて損はないです。

 

 

ライン@に登録してくれるとブログのセミナーなどの割引特典がございます。

↑っていいながら割引は割引で使うんですけどね、笑

この機会に勝手に売り上げがあがってしまう自分の軸ブログをつくりませんか?

登録お待ちしてます

友だち追加 

 

 

頑張らないで集客するの基本

頑張らないことで集客する

 

これはマジで楽です

 

本当に楽

 

それでは

どのようにしたら楽に集客できるのか?

ってことですよ

 

別にブログをやる必要もないですし、もしくはチラシ配りも必要ではないかもしれない

 

それよりも大型スーパーなどにいって営業をかけたほうがよかったりする。

 

どれが、いいとか、こうしろっていう方法論ではなく

 

もっとくそ簡単な方法です

 

そのこたえは勇気をだすということ

 

それだけです

 

でもこれだけでは意味が分からない

 

 

なのでもっと簡単にいうと自分の軸をしっかり作るということです

 

軸がしっかりしていればこれしかない

ってしかいえなくなるんです

 

つまり軸がなければ、あれもあるし、これもある

と別なことを考えてしまうのですが

 

案外これって邪魔な思想です

 

遠回りします

 

たとえお金をかけて人があつまったとしても結局は離れていく人も結構多いんですよね

ネガティブ寄りの印象を言ってしまうと今が良ければそれでよい・・・

 

的な感じです

 

どれが正しいとかはないんですけど

 

楽に行きたいのが目標でしたら

勇気をだして向き合ったら実は楽だったなんてことはたくさんありますよ